« HKT48@NHKホール | トップページ | シュノーケル@渋谷GUILTY »

2017年4月15日 (土)

最近借りたDVDいろいろ

シン・ゴジラ…ツタヤさんで更新した時に「期限決めず新作でも1週間使える券」を1枚もらっていたのをシン・ゴジラに使いました。あまりに早口で内容の多いセリフをひたすら誰かが喋る続けるのにまずビックリ。1回目は日本語字幕を付けて一通り観ました。2回目はネットなどの小ネタを巻き戻したり進めたりしながら探して疑問点も確認、3度目にやっと内容把握したので字幕を外して観たら前2回では気づかなかった映像の発見がありました。1週間借りててよかったー
怒り…まさにもう一度は見たくない世界。それでも覚悟していたよりテンポも良く同時進行の3つの世界を理解しながら、最後まで誰が犯人かわからず緊張感が続きます。耐えられない狂気の世界と違っていた世界にはちゃんとした人と人が繋がっている救いのある物語があって安心しました
少女…原作は湊かなえさんの著書の中でも好きだったのですが映像は原作に敵わず。ただしつこいくらいに「実はこことここも繋がってました」という伏線つなぎまくりな内容をうまく説明してたと思います。本田翼さんの演技どうこうの前に、彼女は途中まで自分の役を理解してなかったような気がする
海街diary…原作も「すず」という名前だったという偶然、運命のようにぴったりでした。4姉妹も周りの人々もキャスティングぴったりだったし、海辺の街自然いっぱい定番の鎌倉暮らしも憧れるけど、やっぱり監督の丁寧で優しい目があるから出来た映画なんだろうなー
ファブリックの女王…新作含めて5枚借りたら安くなると聞いて「怒り」「海街diary」「少女」まで選んであと2枚何にしようと思って「ちはやふる」前後編を手に取ったのですが、そうなると5枚中4枚が広瀬すずちゃん祭りになるなーと思って、マリメッコ展チラシをもらって気になってたこちらをチョイスしたのですが失敗。私は普通にマリメッコのあの布地がどう生まれてきたのか知りたかったのに、創始者の方のイライラし続けた人生を舞台仕立てで描かれてました
世界から猫が消えたなら…「一緒に旅するロバ・ネコ・オオカミ・ウシ・タヌキ、の中からお別れする順番でその人の大切な物がわかる 」心理テストを思い出しました。私は真っ先に猫と別れたんだけど、猫は最初か最後で分かれるだろうなーとは思いました。ちなみにロバ仕事・ネコ恋人・オオカミプライド・ウシお金・タヌキ友人だそうです。この映画の作者はネコを残すタイプなんだろうな
170407dvd

« HKT48@NHKホール | トップページ | シュノーケル@渋谷GUILTY »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HKT48@NHKホール | トップページ | シュノーケル@渋谷GUILTY »