« 久々のカルディ | トップページ | 「進撃の巨人」アニメ »

2021年1月24日 (日)

21冬ドラマ初回感想

「俺の家の話」介護もボケも身近な今だからふんふん、と頷きながら見てしまう(よく考えたら設定特殊過ぎて共感するとこないはずなんだけど)きっともっと深い意味も込められてそう「書けないッ」プロデューサー「しばらく寝れないと思うから寝溜めしといて!よろしくっ!」このまま乗り越えていくんだろうけど先の展開が楽しみなドラマ。「レッドアイズ」犯行シーンの残酷度高めなのに(悲鳴の大きさ長さ)警察側が何も出来ず見てるシーンの長さが気になってしまった。こういうテンポって個人の好みなのかな。たまたまジャニーズドラマ3つ書いたけど、どれもバーターの道枝 菊池 松村君達が生き生きと個性と演技力を発揮する気がします。初回で気に入ったのは「にじいろカルテ」と「モコミ」描かれてる世界はファンタジー、だけど中身は現実とのせめぎ合い。今の自分がファンタジーを求めてるのかな…ウチの娘は、彼氏が出来ない‼︎」既視感あると思ったら脚本北川悦吏子さん納得!浜辺美波ちゃんのオタクは可愛すぎる「青のSP」スクールロイヤーとか「知ってるワイフ」1シーズンに1つはあるタイムリープもの「天国と地獄」世間でも評判ですが入れ替わり直後の演技がすごい!演技力でなんとかしてしまう底力を見ました「オー!マイ・ボス!」和製プラダを着た悪魔、恋つづは離脱したけどこれは見続けそう「君と世界が終わる日に…考えたら昔からゾンビものにはハマらないのでやはり初回離脱

« 久々のカルディ | トップページ | 「進撃の巨人」アニメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々のカルディ | トップページ | 「進撃の巨人」アニメ »